旧三井港倶楽部

三池港から近い西港町、植栽された木々に囲まれ西洋風の建物が建つ。三池港の開港に合わせ建設された。
建設当時には和館も建てられたそうだ。現在は洋館のみが残る。2階建て屋根裏部屋付きだ。外国船の船員の慰安や社交の場として使われたらしい。




玄関を入ると受付の方が迎えてくれる。目に留まるのは談話室だ。他に応接間などがあるようだ。右手奥には食堂があり、手頃な価格でランチがいただける。室内に用いられる木は褐色に統一され、落ち着きとモダンを醸し出す。控えめな意匠のシャンデリア、座ることを躊躇させるほど美しい椅子、壁の色と調和したカーテンなどが繁栄の歴史を物語るようだ。



2階には寝室が用意される。各部屋の扉には番号と部屋の名称が記されている。来客をもてなす施設として機能したことが想像される。各部屋には暖炉が設けられ、デザインと機能の融合を見ることができる。至る所に飾られた焼き物や書なども貴重だ。階段を上った場所には昭和天皇が座られたソファーセットが息をしている。




バルコニーから庭に出ると、建物の全容が分かる。切妻屋根、下見板張り、褐色に塗られた柱が織りなす外観の印象は美しいという言葉が似合う。バルコニーから眺める庭も素晴らしい。




1986年に改修が施されたらしい。施設の維持管理には多額の費用が必要だろう。石炭産業の盛衰を証言する施設として貴重な建物だ。



レストランを利用しなくても見学はできるようだ。でも、レストランでおいしい食事をすることが歴史を残す助けになる。


旧三井港倶楽部
福岡県大牟田市西港町2-6
0944(51)3710 HP
竣工:1908年
設計:清水組
市指定文化財
見学可 11:30~14:30
休:火曜日
レストランとして営業中
撮影:2017/5/3

三池炭鉱三川坑跡

コンクリート製の門柱の間を車で通り抜けると駐車場が確保されている。右手には建物が並び、ガイドの方々が待ちかまえる。15分ほどビデオ鑑賞を勧められる。その後ガイドの方が説明の傍ら施設内を案内する。



最初に目につくのはエンジ色の電気機関車だ。4台が展示されている。明治から昭和初期に製造された機関車である。運転席を見学することができる(有料:500円/10人まで)。



現在、残されている建物の中で炭鉱の面影を残すひとつが入昇坑口だ。第二斜坑口へ向かう入口だ。木造の建物はひどく朽ちているが、中へ立ち入ることができる。その先にあるのが人車乗り場だ。錆びてしまった人車が残されている。坑口はコンクリートで閉ざされている。





人車乗り場を出て敷かれたレールの先へ向かう。視線を向けたのは今にも壊れ落ちそうな木造の建物だ。作業前の確認などを行う繰込場という建物で、緑色の網で覆われている。崩落による危険を防止しているようだ。立ち入りはできない。




更地の手前に説明板が建つ。第一斜坑の跡だ。この第一斜坑こそが1963年11月9日に発生した炭塵爆発事故の現場である。その後影を追いかける遺構などは残されていない。



繰込場の北側にスレートで覆われた建物がある。コンプレッサー室で削岩機などの動力源を生み出していた。現在も巨大な設備が残されている。屋根の半分は崩れ落ちている。



太い鉄のタンクが横たわる先に比較的しっかりとした印象の建物が見える。第一巻揚機室だ。第一斜坑の巻揚を担っていたと思われる。内部にはいつでも使えそうな巨大な巻揚機が置かれている。1997年まで使われていた機械だ。



第二斜坑の巻揚機室だ。屋根の一部が崩落し空が見える。巻揚機はそのまま残されている。風雨によって残された機械は腐食が進むだろう。壁には当時の記述がそのまま残されている。



ガイドの方は閉山当時、働いていたそうだ。丁寧な説明に恐縮した。明治から昭和の産業を支えてきた石炭、危険と隣り合わせの労働に心を痛めた。



三川坑跡は、いわゆる「明治日本の産業革命遺産」には含まれない。数年前までは入口は閉ざされ、立ち入ることはできなかった。


三池炭鉱三川坑跡
福岡県大牟田市西港町2-1-1他
公開日:土・日・祝日
公開時間:9:30~16:00(4月~11月は16:30)
入場無料
撮影:2017/5/3

旧長崎税関三池税関支署

福岡県大牟田市三池港の埠頭の一角に小さな木造家屋が建つ。旧長崎税関三池税関支署だ。改修された建物は公開されている。建物の周囲には砂利が敷かれ、駐車場には困らない。5月の3日、ゴールデンウィークの最中だが訪問者はいない。




入母屋平屋の建物は和と洋が折衷したデザインで、大正に向かう時代のモダンを感じる。基礎には石が用いられているが、西側の一部に煉瓦が積まれている。イギリス積(オランダ積?)されている。




玄関を入ると左手に案内人が座っている。室内は二分され、奥に入るとパネルが展示され三池港に関する説明を読むことができる。室内の壁は柔らかい印象の白色に塗られ、窓枠などは水色を帯びた明るい灰色をまとう。

左手の一角に壁も天井も古いままの小部屋がある。床さえも古いままで、最小限の部分補修が施されたのみだ。実際に使用されていた時の面影を伺い知ることができる。




木製の窓枠は建設当時の意匠を復元したものらしい。改修前の写真ではアルミサッシが用いられたようだ。


旧長崎税関三池税関支署
福岡県大牟田市新港町1-25
管理:大牟田市 HP 
福岡県指定有形文化財
開庁:1908年
改修:2012年
見学:無料
撮影:2017/5/3

栴檀橋

佐賀市神野公園の東に多布施川が流れる。佐賀市大和町に構築された石井樋で嘉瀬川から水が分けられ、多布施川に導かれる。春の候には桜が岸辺を飾る。



多布施川が神野公園の南東に差し掛かるあたり、神野公園通りと多布施川通りの交差点の北に橋が架かる。車両の通過は規制されているが、自転車や人の通行は許されている。意識しなければ老朽化した橋としか見えないし、そこに橋が架かっていることさえ視界にとどまらないだろう。



橋は大正13年7月竣工で、基本部分は石の柱のみで組まれている。九州地域づくり協会ホームページによれば、日本最大級の石桁橋といわれているようだ。

橋の下に目を移すと、5つの橋脚部が支えていることに気付く。それぞれの橋脚部は4本で構成され、合計20本の石の柱が橋を支えている。石の柱は四角柱で、川の流れに逆らわず上流に角を向けて配置されている。欄干や通行面は至って実用的なデザインだ。
親柱には橋の名前と竣工年月日が刻まれている。東側左の親柱には漢字で、西側左の親柱には平仮名で橋の名が刻まれている。



眺めていると、用いられている石の生産地だとか性質、設計者や施工者だとかに関心と興味は向かう。しかし、橋についての詳しい説明は見当たらず、唯一車両通行禁止の看板に竣工年が記されているのみである。



橋の意匠に派手さはない。単に石の柱が並ぶ幾何学的な機能美だけが橋の個性を語る。
すでに車の通行の用に供されていないことから、橋の行く末が気掛かりだ。


栴檀橋(せんだんばし)
佐賀市神園(神野公園南東入口)
九州地域づくり協会HP
管理:佐賀市
見学自由
撮影:2017/1/30

旧三菱合資会社唐津支店本館

近代化遺産全国一斉公開に合わせて、11月19日・20日特別公開が行われた。知ったのは地方紙の記事だった。
2年ぶりに訪れた門扉に休館中の札はなく、玄関の扉は開け放たれている。植栽には手が入り、整備された庭を散策することもできる。




改めてみる建物の外観は経年劣化が進み、塗装が剥離するなどが見られる。建設当時の色合いはわからないが、退色しているように感じられる。
建物は総2階建てで、北側は1階2階ともベランダが設けられている。東側の北半分にもベランダが設けられている。間近で見ると壮観だ。




玄関に入る。スリッパへ履き替える。床は1階2階とも板張り(資料によれば縁甲板張)である。1階には4つの部屋があり、3部屋が解放されている。




それぞれに資料やパネルが展示され、建物の歴史、東松浦地域の炭鉱産業の歴史などが詳しく説明されている。石炭を取り扱う事業者の事務所として建設されたことから、意匠に拘りが表現された部分は少ない。実用的な造りだ。しかし、観察を深めると、デザインされた格天井やドアノブ、壁のランプなどに目が向かう。





階段は透かし彫りが施され、親柱の彫刻は目を引きつける。設計者の拘りが少しばかり窺われる。




2階南東側の部屋からは賑わう町と海を眺めることができる。窓は上下に動かし開閉する方式で、今ではあまり見ることがない。
北東側の部屋には赤い絨毯が敷き詰められている。建設当時は主任室という名称がついていたようだ。当時は部屋から海を一望できたのであろう。これら2つの部屋の間に褐色の家具が作り付けられている。窓がある不思議な形状だ。どのような意図でこのような意匠になったのだろうか。





2階には他に2室あり、生活資料などが保存されている。

西側に煉瓦造りの建物がある。展示資料の写真には本館とともに写っている。倉庫らしい。



煉瓦は美しい色を維持している。どのようなものを保管したのだろうか。


旧三菱合資会社唐津支店本館
唐津市海岸通7181番地 HP
唐津市生涯学習文化財課 0955(72)9171
佐賀県重要文化財
竣工:1908/9(掲示による)
特別公開による見学(通常は見学・敷地内立入り不可)
撮影:2016/11/20