旧中野病院(山辺道文化館)

久留米市草野町は同市御井府から日田へ至る古街道の途中に位置し、宿場町として栄えた。現在も古い民家が残り、面影を感じることができる。
世界のつばき館(入館無料)の駐車場に車を停めさせていただき、県道151号を東へ歩いてみた。県道がクランクする地点から南へ折れ緩やかな坂道を進むと、鶯色の下見板張りで装った建物が見えてくる。堂々たる構えに圧倒される。



窓は木製の枠が維持され、庇の飾り、妻壁の飾り、基礎部分に設けられた換気口の意匠などから古い建物であることがわかる。説明書きによると建物は病院として1977年頃まで使用されていたもので、1997年から2年をかけて修復されたようだ。




館内への入場は無料、利用する場合は有料だ。室内は白壁を基調とし、エントランスから左へ折れる上部にはアーチ状の飾りが施されている。上品なデザインだ。




2階へ進んでみる。階段に備えられた親柱は丸みを帯びた素朴な意匠で、優しさを感じる。2階には2部屋あり、深い褐色のテーブルと椅子が並べられたホールは南北に風が抜ける。やわらかい白色の天井には湾曲した八角形の意匠が施され、シャンデリアが下がる。訪問した日は絵の展示会場として利用されていた。毎週木曜日は食堂が開かれ食事を楽しむことができるらしい。




エントランスから南側へ抜けてみると駐車場が用意されていた。一角には倉庫棟が建っている。敷地は管理が行き届き、来訪者をストレスなく招いてくれる。



竣工から100年以上が経過した建物、建築当時の材料などを生かし改修するには多額の費用がかかったであろう。維持・管理の費用も多額であろう。それでも残し活用することで、私たちや未来の人々に伝わる何かがあるように感じた。

周辺には散策を誘うスポットが点在する。組み木工房を訪ねた際、散策の途中で旧中野病院と出会った。県道沿いには古風な木造住宅などが維持されるなど、車を降り歩けば草野町を楽しむことができそうだ。

【組み木工房 作品】



旧中野病院(山辺道文化館)
久留米市草野町草野487-1
0942(47)3015 HP
竣工:1914年
木造洋風2階建寄棟造瓦葺
本館棟面積379.75㎡ 倉庫棟面積26.49㎡
登録有形文化財:1999年2月17日登録
入館無料
10:00~17:00
休:月曜日、祝日の翌日、年末年始
2018/10/14


津留発電所

九州山地の懐、緑川ダム上流に津留発電所はある。切り立った山肌の所々には植林が施され、限られた平地では稲が栽培されている。




発電所の周辺には民家が立ち並び簡易郵便局もある。山懐に点在する集落の中心地が津留地区だということが想像される。

発電所への道は細い。旧矢部町中心部からと美里町金木からのアクセスが可能と思われる。今回は美里町金木からのルートを利用した。



発電所はフェンスに覆われているが入口の扉は開け放たれている。工事が行われているようだ。会社の発表によれば2016年10月から設備更新が行われていて、2021年3月から営業運転が行われる予定だ。水車や発電機の更新によって最大出力は10,700kwから11,100kwへ向上する。




建屋はクリーム色に塗装されている。所々塗装は剥げ下地が見える。元々は赤煉瓦のようだ。

発電所から排出される水は側を流れる緑川に戻される。ゲートは石で組み上げられている。川にはゲートの位置と合わせて段差が設けられている。滑るように流れる様はなんとも美しい。



津留発電所は間もなく竣工から100年を迎える。今もって現役である。日本の地形を巧みに利用した水力発電の底力を歴史は証明しているように思える。


JNC津留発電所
熊本県下益城郡山都町津留1024
竣工:1919年
フェンス外から見学可能
撮影:2018/10/15


頭地発電所

人吉市から国道445号を30分ほど北へ走ると五木村の中心地へ至る。道の駅子守唄の里五木、村歴史文化交流館(ヒストリアテラス五木谷)、五木温泉夢唄などの施設が集まる場所である。

国道歩道などから川辺川を見下ろすと、寄棟の屋根を頂いた白い建物が岸辺に見える。導水管などの構造物があることから水力発電設備だということが想像できる。




発電所はJNC株式会社が所有・管理する。出力は5200kWで、生まれた電気は熊本県水俣市にある同社の工場へ送られているようだ。竣工が1928年であることから90年間にわたり自然再生エネルギーを生み続けていることになる。

歴史を刻んだ建物だが、過ぎた年月を感じとれない。管理と保守が行き届いている証かもしれない。発電所の入口までは容易にアクセスできる。塀越しではあるが見学することは可能だ。



社名が掲げられた白い壁、よく見ると煉瓦づくりの建物と同様の凹凸が見られる。オランダ積みに似た凹凸だ。外壁の色は塗り直されていることが想像できる。竣工当時から白い色合いだったのかはわからないが、竣工当時の姿に関心が向く。

1914年に竣工した熊本県大津町にある白川発電所もJNCが所有する水力発電所である。100年を過ぎてもなお、白川発電所の建屋は煉瓦造りの意匠が見事な魅力を放っている。比較して、14年後に竣工した頭地発電所は重厚さも威厳も放たない。発電機を守ることに徹した意匠に映る。それでも白い色に隠れた躯体は建設当時の建築思想が生んだ結晶に違いない。だからこそ、90年経過した現在においても現役で発電し続けることができるのだろう。




国土地理院のWeb版地図に頭地発電所の表示はない。導水管等の表示もない。場所の特定はgooglemapが便利で正確と言えそうだ。


頭地発電所(JNC株式会社所有)
熊本県球磨郡五木村久領301
竣工:1928年
塀の外から見学可能
撮影:2018/8/18

田平天主堂

平戸市田平町を走る国道204号から県道221号へ入り2㎞ほど進む。なだらかに開けた場所に赤煉瓦の建物が見えてくる。田平天主堂だ。
黒色がかった赤煉瓦で組み上げられた天主堂は巨大で、一瞬に言葉を失う。東西に長い天主堂は平戸瀬戸側が正面だ。



管理事務所で見学の許しをいただき天主堂の正面へ移動する。多様な形の石を積み上げた石垣と長方形の自然石を用いた石段が目に留まる。建築当時の姿が残されているようだ。石段はコンクリートではなく黄土色の土で固められている。




石段を上がると思いのほか広い庭が現れる。行き届いた管理が窺える。天主堂の正面は鐘塔で、上部のドームは八角形である。赤煉瓦を様々に組み上げた造形は見ていて飽きることがない。
天主堂の側面にはアーチ型の窓が規則的に配置される。木造と思われる建物上部の白い壁にもアーチ型の窓が埋め込まれている。



駐車場に入り始めに目にするのが八角形の半分を造形化したレンガ積みだ。祭壇を囲む場所にあたる。あかりとりの窓は白い壁の窓と同様の意匠である。



屋根は黒い瓦で葺かれ、降棟の鬼瓦には十字がデザインされている。妻壁の上部には幾重にも煉瓦が積まれ、建物の印象を強くする。窓上部と軒下の間を下がり石の飾りが埋める。ひとつひとつの造りに視線を奪われる。




案内所で許可をいただき敷地内及び天主堂内部の見学ができる。天主堂内部の撮影は禁止されている。

駐車場付近の説明板によれば、煉瓦造りの教会堂としては最晩年の建築だ。完成された意匠と評されている。


田平天主堂
平戸市田平町小手田免19
FB
問:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
095(823)7650
重要文化財
設計者:鉄川与助
竣工:1917年
見学可(要許可。無料。内部の写真撮影は不可)
駐車場あり(無料)
撮影:2018/6/24

花房飛行場跡給水塔・関連遺構

水田や畑が広がり、幹線道路に沿い住宅や商店が点在する背後に整然と街区を整えた一角がある。近接して工場、小学校もある。宅地開発された場所と思っていたがその成り立ちは違っていた。陸軍飛行場の跡だった。



菊池市のホームページを検索すると市指定の文化財として紹介されていた。花房飛行場給水塔である。平成19年まで使用されていたというから、使われなくなって10年しか経過していない。コンクリート製と思われる円形の給水塔に決定的な損傷は見当たらない。6本の脚が円筒を支えている。壁の一部には穴が開いていたが、どのような理由によるものかはわからない。下部の部屋はどのような役割と機能を有していたのだろう。ポンプ室だったのかもしれない。時間を得て調べてみたい。




袂には泗水町による説明板が設置されている。平成17年3月の表示がある。近辺には関連遺構が残されていた。関連遺構の所在地は説明板の地図に落とされている。

飛行場跡の南東部、アパートが建つ側にコンクリートの構造物があった。花房飛行場の戦争遺産を未来に伝える会というクレジットの表示によれば、木造大型格納庫基礎とある。説明版そばにある構造物壁面には複数の穴がある。機銃掃射によるものとされる。こちらも私有地にあり立ち入りはできない。構造物の大きさに威圧される。隣接するアパートとの比較からその規模がわかるだろう。




給水塔と木造大型格納庫基礎の中ほど場所に弾薬庫が残されている。強固な印象を受ける。手前には資材が置かれている。敷地は使用されているのかもしれない。建物内部が利用されているのかはわからない。赤茶けた扉は閉ざされている。



飛行場跡の北西部、住宅が規則正しく建ち並ぶ道路に沿いコンクリートの構造物が残されている。格納庫跡だ。気を配らなければ見逃してしまう。1mほどの高さに過ぎないが、頑強な印象を受ける。住宅の塀として機能しているようだ。




花房飛行場跡の遺構は民地に存在している。個人の善意によって遺構が守られているように思えた。


花房飛行場跡給水塔・関連遺構
菊池市泗水町吉富
給水塔は菊池市指定文化財
管理者:民間と思われる
見学:道路から可能(私有地につき立ち入り不可)
※駐車場なし。住宅地につきモラル厳守
撮影:2018/6/2