田平天主堂

平戸市田平町を走る国道204号から県道221号へ入り2㎞ほど進む。なだらかに開けた場所に赤煉瓦の建物が見えてくる。田平天主堂だ。
黒色がかった赤煉瓦で組み上げられた天主堂は巨大で、一瞬に言葉を失う。東西に長い天主堂は平戸瀬戸側が正面だ。



管理事務所で見学の許しをいただき天主堂の正面へ移動する。多様な形の石を積み上げた石垣と長方形の自然石を用いた石段が目に留まる。建築当時の姿が残されているようだ。石段はコンクリートではなく黄土色の土で固められている。




石段を上がると思いのほか広い庭が現れる。行き届いた管理が窺える。天主堂の正面は鐘塔で、上部のドームは八角形である。赤煉瓦を様々に組み上げた造形は見ていて飽きることがない。
天主堂の側面にはアーチ型の窓が規則的に配置される。木造と思われる建物上部の白い壁にもアーチ型の窓が埋め込まれている。



駐車場に入り始めに目にするのが八角形の半分を造形化したレンガ積みだ。祭壇を囲む場所にあたる。あかりとりの窓は白い壁の窓と同様の意匠である。



屋根は黒い瓦で葺かれ、降棟の鬼瓦には十字がデザインされている。妻壁の上部には幾重にも煉瓦が積まれ、建物の印象を強くする。窓上部と軒下の間を下がり石の飾りが埋める。ひとつひとつの造りに視線を奪われる。




案内所で許可をいただき敷地内及び天主堂内部の見学ができる。天主堂内部の撮影は禁止されている。

駐車場付近の説明板によれば、煉瓦造りの教会堂としては最晩年の建築だ。完成された意匠と評されている。




田平天主堂
平戸市田平町小手田免19
FB
問:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
095(823)7650
重要文化財
設計者:鉄川与助
竣工:1917年
見学可(要許可。無料。内部の写真撮影は不可)
駐車場あり(無料)
撮影:2018/6/24

花房飛行場跡給水塔・関連遺構

水田や畑が広がり、幹線道路に沿い住宅や商店が点在する背後に整然と街区を整えた一角がある。近接して工場、小学校もある。宅地開発された場所と思っていたがその成り立ちは違っていた。陸軍飛行場の跡だった。



菊池市のホームページを検索すると市指定の文化財として紹介されていた。花房飛行場給水塔である。平成19年まで使用されていたというから、使われなくなって10年しか経過していない。コンクリート製と思われる円形の給水塔に決定的な損傷は見当たらない。6本の脚が円筒を支えている。壁の一部には穴が開いていたが、どのような理由によるものかはわからない。下部の部屋はどのような役割と機能を有していたのだろう。ポンプ室だったのかもしれない。時間を得て調べてみたい。




袂には泗水町による説明板が設置されている。平成17年3月の表示がある。近辺には関連遺構が残されていた。関連遺構の所在地は説明板の地図に落とされている。

飛行場跡の南東部、アパートが建つ側にコンクリートの構造物があった。花房飛行場の戦争遺産を未来に伝える会というクレジットの表示によれば、木造大型格納庫基礎とある。説明版そばにある構造物壁面には複数の穴がある。機銃掃射によるものとされる。こちらも私有地にあり立ち入りはできない。構造物の大きさに威圧される。隣接するアパートとの比較からその規模がわかるだろう。




給水塔と木造大型格納庫基礎の中ほど場所に弾薬庫が残されている。強固な印象を受ける。手前には資材が置かれている。敷地は使用されているのかもしれない。建物内部が利用されているのかはわからない。赤茶けた扉は閉ざされている。



飛行場跡の北西部、住宅が規則正しく建ち並ぶ道路に沿いコンクリートの構造物が残されている。格納庫跡だ。気を配らなければ見逃してしまう。1mほどの高さに過ぎないが、頑強な印象を受ける。住宅の塀として機能しているようだ。




花房飛行場跡の遺構は民地に存在している。個人の善意によって遺構が守られているように思えた。




花房飛行場跡給水塔・関連遺構
菊池市泗水町吉富
給水塔は菊池市指定文化財
管理者:民間と思われる
見学:道路から可能(私有地につき立ち入り不可)
※駐車場なし。住宅地につきモラル厳守
撮影:2018/6/2

南阿蘇鉄道立野橋梁

JR豊肥穂本線と南阿蘇鉄道が乗り入れる立野駅から300mほど長陽よりにあるのが立野橋梁だ。白川の支流を跨ぎ、2本の線路と枕木を支える。



橋脚の袂にはブルーシートが山肌を覆っている。地震による損壊なら橋梁の機能に何らかの影響があるのかもしれない。遠目に眺める限り橋梁自体に際立つ破壊は見当たらない。橋梁が無事であれば鉄道の復旧にとってはプラスとなろうが、運行再開には山積する課題の解決に途方もない時間と資金が必要とされるようだ。



橋梁の姿は建設中の立野ダム展望所から間近に眺めることができる。6台ほどの駐車スペースが用意されている。



立野橋梁から立野駅へ至る線路は草に覆われている。線路の存在を確認することは可能だ。立野駅へ行くと、赤い三角屋根の駅舎が佇んでいた。




復旧工事は南阿蘇村の至る場所で行われている。道路の復旧や防災事業に関しては時間との闘いを強いられているようにも思える。過酷な現場で働く人々に無言の敬意を覚えた。




南阿蘇鉄道立野橋梁
熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野
一般社団法人九州地域づくり協会HP
竣工:1928
最寄の道路から見学可
撮影:2018/6/2

南阿蘇鉄道第一白川橋梁

南阿蘇村立野、深く削られた白川に架けられた赤い鉄骨の橋梁はその姿を晴天の下に留めている。道路橋長陽橋梁の傍らで、列車の往来する時を待っているようにも映る。



立野周辺の至る場所では復旧工事が進む。JRと南阿蘇鉄道が乗り入れる立野駅ではJR側のホームが完工していた。南阿蘇鉄道のホームは地震以前の佇まいが残っていた。高森へ延びる線路は草が茂り、立野橋梁手前では線路が草に隠れていた。



南阿蘇鉄道の全線開通の見通しは立っていない。白川第一橋梁、立野橋梁とも姿は残しているが、細部においては被害があるようだ。トンネル内壁の損壊、レールの流出など途方もない時間と費用が復旧の課題としてのしかかる。




しかし、関係者の努力は重ねられている。一瞬たりとも無駄な瞬間はない。いつか必ず復旧することを信じて待ちたい。




南阿蘇鉄道第一白川橋梁
阿蘇郡南阿蘇村立野
一般社団法人九州地域づくり協会HP
竣工:1928
見学:阿蘇長陽橋梁から可能
撮影:2018/6/2

姫井橋

熊本県菊池市旭志、県道329を北東へ進んで行く。合志川に沿う県道が旭志弁利に差し掛かったあたりで川を横断する。橋の側にはアーチ型のコンクリート橋が架かる。




車止めが車両を拒否するが人は通れる。袂には記念碑が設けられる。大正14年3月竣工とされる橋梁で、鉄筋コンクリート造単アーチ橋といわれる形式だ。一番の特徴は太いアーチ型の造形だ。




大正14年といえば車両を見ることはほとんどない時代、通過する車両は人や馬などが引く荷車であっただろう。面前にするとアーチ部分の太さに驚く。軽自動車くらいなら今でも十分供用に耐えうるのではないかと思える。



使用されていない橋梁は撤去されるのが原則だろう。水害などが発生した場合、橋梁が被害を大きくする可能性があるからだ。残されているのは歴史への尊敬が地域の人々の心の中にあるからかもしれない。




姫井橋
熊本県菊池市旭志弁利
竣工:1925年
設計者:不明
見学:自由
登録有形文化財
撮影:2018/6/2

旧小林理髪舘(青い理髪舘)

島原城の周囲には学校、住宅、公共施設などが建ち並び、整備された町並みがよそ者を穏やかに迎える。散策が似合う風情だ。



城の堀沿いを巡る道から案内板に従い島原駅方向へ下りはじめる。ほどなく右手に水色に塗られた建物が目に入る。下見板張りで外装をまとった姿は日本住宅にはない華やかさがある。現在はカフェとして活用されている。



玄関上部には飾りが施され、大正モダンの風が島原にも届いたことがうかがえる。窓は上下させて開閉する方式で現代では見ることのない機能とデザインだ。見た限りにおいて窓も玄関の扉も木製が維持されている。



建物の歴史は工房モモのサイトで知ることができる。建物の名前が示すように理髪店として活躍したようだ。一旦は解体の危機に直面したが、地域の保存活動によって今日を迎えているらしい。




訪れた日カフェはたまたま休み、館内を見学することはできなかった。機会を作り館内の風情にも触れてみたい。




青い理髪舘
長崎県島原市上の町888-2
竣工:1923年(島原市HP
見学:外観は可能
現在カフェ(工房モモ)として営業中
登録有形文化財
撮影:2017/10/31